バックナンバー

歯科の良い情報

  • トップ /
  • 歯科で再診時に必要なこと

歯科医が見つけられないもの

長い間いっていなかったけれど、最近歯が痛いとか口の中が不快感があるなどで歯科の再診をうけようとした方は、言ってみたらレントゲンを撮りましょうと言われて驚いたことはないでしょうか。今まで同じ歯科だったのに、どうしてレントゲンの必要があるのか?と。しかし長期間あいていた後の診察では歯科医が見ただけでは見つけることが出来ない虫歯や炎症がある場合がありますから、レントゲンを撮って以前の治療箇所などを確認することも大切なのです。痛みがなくても定期検診での再診の場合、そもそも不調を感じない場合もあります。そんな時にまでレントゲンは撮りませんが、痛みを訴える場合などは目視で確認出来なければレントゲンが必要となるのです。昔治療した銀歯を外してみたら、中でまた虫歯が繁殖して神経まで到達していた、ということはよくあります。特に引越しやその他の理由で歯科を転院していることが多い人などは、主治医が変わりますから以前の治療あとをチェックすることは大切なのです。歯の不調は放置していても自然治癒することは絶対にありません。虫歯などは放置すればするほど悪化します。痛みや不快感などがあれば、必ず電話で予約をして再診を受けるようにしましょう。

↑PAGE TOP