バックナンバー

歯科の良い情報

  • トップ /
  • 歯科で再診を受ける場合の費用

歯科の費用を決める診療報酬制度

歯科で再診を受けた場合、再診料点数は45点です。1点が10円なので450円の費用が発生します。ただし健康保険3割の場合であれば、負担費用は140円となります。さらに地域診療支援病院で再診治療を受けたケースでは、72点となるため支払う金額は720円です。また歯科の再診には、初診料と同じような加算料金というものが定められています。まず時間外加算として6歳未満の場合は750円、6歳以上の場合なら650円が再診料に加算されます。次に休日加算として、6歳未満の場合 2,000円、6歳以上の場合1,900円が、歯科の治療費用に加算されますので注意が必要です。その他、深夜加算や乳幼児加算なども、それぞれ規定があります。また初診料については診療報酬制度によって、料金が決められています。この制度では診療費を医科、歯科、調剤報酬の3種に区分し、2年に1回改定されます。この制度では、基本診療料の項目に初診料の点数記載されており、各クリニックはそれに従って、治療費を請求する決まりになっています。尚、現在初診料は234点と定められています。この点数を10倍した金額を歯科医が受け取り、患者は1割から3割を負担する仕組みです。

↑PAGE TOP